人生100年時代の40代のつぶやき

昭和52年、巳年生まれの40代男性がこれからの人生について考えながら、日々の生活を、より良くするためのアイデアを考えるブログ

インフラファンド比較~いちごグリーンインフラ投資法人~

一昨日の株価で算定した際の分配金利回りが最も低いいちごグリーンインフラ投資法人についての追記です。

インフラ投資法人 株価 (12/11) 分配実績 次回 分配予想 年間分配 予想 分配利回り
タカラレーベンインフラ投資法人 101,800 3,976 3,711 7,342 7.2%
カナディアンソーラーインフラ投資法人 95,900 2,350 3,600 7,200 7.5%
いちごグリーンインフラ投資法人 54,500 4,226 3,260 3,260 6.0%
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 93,700 3,249 3,260 6,460 6.9%
東京エネルギーインフラ投資法人 82,400   640 6,751 8.2%

予想分配金利回りでみると3,260円としているため、かなり低い利回りとなっています。

一方で昨年と今年の発電実績を7月~11月までの5か月で並べてみると以下のとおりとなります。

年月 想定発電量  (kWh)(A) 発電電力量 (kWh)(B)  差異 (kWh) (B)-(A) 
2017年7月 3,409,179 3,856,562 447,383
2017年8月 3,496,159 3,482,706 -13,453
2017年9月 3,048,845 3,076,829 27,984
2017年10月 2,879,997 2,630,169 -249,828
2017年11月 2,185,088 2,234,146 49,058
合計 15,019,268 15,280,412  
年月 想定発電量  (kWh)(A) 発電電力量 (kWh)(B)  差異 (kWh) (B)-(A) 
2018年7月 3,418,117 3,624,652 206,535
2018年8月 3,478,494 3,622,499 144,005
2018年9月 3,033,437 2,803,042 -230,395
2018年10月 2,865,438 2,895,669 30,231
2018年11月 2,174,038 2,405,927 231,889
合計 14,969,524 15,351,789  

想定発電量はパネルの劣化を考慮して低く想定していますが、先月までの発電量実績は昨年を上回って推移していることから、発電量の上がる3月~6月も順調に推移すれば昨年並みの分配金は期待できる可能性もあります。

昨年同様の4,226円の分配金を出すのであれば、分配金利回りは7.6%となるため、他のファンドと同じ程度の利回りとなるため、今の株価は妥当な水準と言えるかもしれませんね。

 

インフラファンドの分配金比較

 12月は決算のインフラファンドがありますが、株価はまだ下がり続けています。

 11月時点と比較するとすべての銘柄で下落しています。

インフラ投資法人 株価 (11/10)
タカラレーベンインフラ投資法人 114,200
カナディアンソーラーインフラ投資法人 98,900
いちごグリーンインフラ投資法人 62,300
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 95,900
東京エネルギーインフラ投資法人 88,100

 

インフラ投資法人 株価 (12/11)
タカラレーベンインフラ投資法人 101,800
カナディアンソーラーインフラ投資法人 95,900
いちごグリーンインフラ投資法人 54,500
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 93,700
東京エネルギーインフラ投資法人 82,400

 

昨日時点株価で、今後の予想分配金を算出すると以下の通りです。

(東京エネルギーインフラ投資法人は半期決算になる次回以降の年間配当)

インフラ投資法人 株価 (12/11) 年間分配 予想 分配利回り
タカラレーベンインフラ投資法人 101,800 7,342 7.2%
カナディアンソーラーインフラ投資法人 95,900 7,200 7.5%
いちごグリーンインフラ投資法人 54,500 3,560 6.5%
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 93,700 6,460 6.9%
東京エネルギーインフラ投資法人 82,400 6,751 8.2%

所得税を考慮前の配当利回りで7%を超える見込みがでているので、今の水準であれば利回りは悪くない状態になってきています。

 

ボーナスの支給時期に使用目的を考える

f:id:mukaike:20180902173055j:plain

冬のボーナスの支給時期になりました。

今年も、景気の良さや雇用情勢を反映してリーマンショック前を超えて過去最高額を更新し、83.4蔓延になったようです。


www.nikkei.com

 

最高額は東京エレクトロンの281万円、ジャストシステムの220万円、ディスコの219万円と続いてます。

平均額がこの金額なので、同じ日本に住んでいてもボーナスの格差を感じます。呉のディスコってすごい会社ですね。

家計を管理するうえで、ボーナスをあてにすると、その変動で資金繰りが悪化する可能性もあります。

リーマンショックの翌年には10万円以上も減少し、70万円を下回っています。

家計を安全に管理する方法としては

(1)ある程度の変動を予想して、少ない金額を予算として組んでおく

(2)支給が確定してから、余剰の部分の使用目的を考える

ということを行っています。

今年の我が家のボーナスの使用目的は以下のようになりました。

(1)帰省費用

(2)ふるさと納税

(3)お年玉、クリスマスプレゼント

(4)積立NISA、iDecoの積立投資向けの元金(半年分)

 

今日だけは10カ条~年末になり自分を引き締めるため~

  2018年も12月に入り、今年も残すところあと20日程度となりました。

 今年は寒い冬、転居、酷暑と大雨被害と慌ただしい1年で変化があった年ですが、1年終わってみると、忙しさにかまけていた年でもあったかもしれません。

 周りをよく見て、今日1日を精一杯生きるということをやってきていないかもという危機感を感じたので、

 シビル・F・パートリッジの 『今日だけは 十箇条(Just for Today)』

を載せておきます。

f:id:mukaike:20180826205804j:plain

青空 前向きな気持ち

1.今日だけは、幸福でいよう。リンカーンは「たいていの人々は、自分で決心した程度だけ幸福になれる」と言ったが、まったく至言である。幸福は内部から生じる。外部のことがらではない。

2.今日だけは、自分自身をその場の状況に順応させて、自分の欲望のためにすべてを順応させることを控えよう。自分の家族も仕事も運も、あるがままに受け入れて、自分をそれに合わせよう。

3.今日だけは、身体に気を付けよう。運動をし、身体を大切にし、栄養を取ろう。肉体を酷使したり、軽視することは慎もう。そうすれば、身体は意のままに動く完全な機械になるだろう。

4.今日だけは、自分の精神を鍛えよう。何か有益なことを学び取ろう。精神的な不精者にはなるまい。努力と思考と集中力を必要とするものを読もう。

5.今日だけは、魂の訓練のために三つのことをしよう。誰かに親切をほどこし、気付かれないようにしよう。ウィリアム・ジェームスが教えているように、修養のために少なくとも二つは自分のしたくないことをしよう。

6.今日だけは愛想良くしよう。できるかぎり晴れやかな顔をし、穏やかな口調で話し、礼儀正しくふるまい、惜しげなく人を褒めよう。他人の批判やあら探しを慎み、他人を規則で縛ったり、戒めたりすることをやめよう。

7.今日だけは、今日一日だけを生き抜くことにして、人生のあらゆる問題に同時に取り組むことをやめよう。一生の間続けるとしたら、嫌気のさすような問題でも、12時間ならばがまんできる。

8.今日だけは、一日の計画を立てよう。処理すべき仕事を1時間ごとに書き出そう。予定通りにはいかないかもしれないが、ともかくやってみよう。そうすれば、二つの悪癖-拙速と優柔不断-と縁が切れるかもしれない。

9.今日だけはたった一人でくつろぐ時間を30分だけ生み出そう。この時間を使い、時には神について考えよう。人生に対する正しい認識が得られるかもしれない。

10.今日だけは、恐れないようにしよう。とくに幸福になることを恐れたり、美しいものを楽しむことを恐れたり、愛することを恐れたり、私の愛する人が私を愛していると信じることを恐れないようにしよう。

 

 

年末に来年度の家計を考える(家計管理の方法)

12月になり、寒気も入り寒くなってきて、ようやく年末らしくなってきました。

外出しても寒いので、今年の毎月の収支をもとに来年度の家計の計画を考えてみました。

家計の振り返りの方法は

(1)今年つけた毎月の支払状況を確認

(2)来年度の収入と支出を今年と同額で設定

(3)来年度の貯蓄目標を設定する

(4)貯蓄目標と収支の差から、支出の引き下げ余地を考える

 

今年を振り返ってみると家計を管理している口座に毎月の支出の2か月分しかないので、支払がちょっと増えるとボーナス頼みになるので、緊張感がある1年であった。

来年は、生活口座に残高が少なかったので、3か月分は残高を残して、少し余裕がある生活にしたいものです。

永続しないことを前提に潔く決断をすること

 稲盛氏の盛和塾が来年解散するニュースが出ていた。

news.goo.ne.jp

 世界で1万人以上の経営者が学ぶ巨大な組織であったが、ご自身の高齢を理由に活動を終了されるというもの。

 仏教を学ばれている方なんで、必ず逃れられない死というものに対して、組織もいつかは終わらせておくということなのかなと思いました。

 最近は役員報酬の問題が連日ニュースで採り上げられていますが、潔い決断ができることはすごいですね。

 

 

 

インフラ投資法人の11月発電実績(早く発表のあった2法人のみ)

昨日も12月とは思えない暖かさになっていました。

インフラ投資法人のなかで発表の早い2法人が11月の発電実績を公表していました。

11月は晴天が続いたことから、2法人はともに発電実績は想定を上回る着地になっていました。

 

インフラ投資法人 発電所 (件)  パネル出力 (MW)  想定発電量  (kWh)(A) 発電電力量 (kWh)(B)  差異 (kWh) (B)-(A)  当初想定比 (B)/(A)
タカラレーベンインフラ投資法人 25 69.6 5,086,569 5,411,579 325,010 106.4%
いちごグリーンインフラ投資法人 15 29.4 2,174,038 2,405,927 231,889 110.7%

 

出力抑制について、いちごグリーンインフラ投資法人はゼロ、タカラレーベンインフラ投資法人は1回だけだったということも安定した一因かもしれません。

ファンド名 発電所 3次   4次  
11月3日 11月4日 11月10日 11月11日
カナディアンソーラー CS志布志市発電所 停止 停止    
CS伊佐市発電所        
CS伊佐市第二発電所       停止
CS湧水町発電所       停止
CS伊佐市第三発電所       停止
CS日出町発電所   停止    
CS芦北町発電所        
CS南島原市発電所(東)、同発電所(西)        
CS益城町発電所   停止    
日本再生可能エネルギー 大分県宇佐市1号・2号太陽光発電   停止    
いちごグリーンインフラ いちご都城安久町ECO発電所        
タカラ・レーベン LS霧島国分発電所       停止

来週以降に発表になるカナディアンソーラーインフラ投資法人の11月発電実績によってどの程度出力抑制の影響があったかが実際にわかってくると思います。